健康診断で引っ掛かったメタボからの脱出

毎年健康診断で中性脂肪が多いと言われていました。親からもその腹はどうにかならないのかと言われたこともありました。その様なお腹なので、ベルトは腰で絞めて止まっている状態ではなく、腹の上で止まっているという感じでした。ご飯を食べた後、お腹が苦しくなるので、ズボンは太めのサイズを購入して、お腹の状態で、ベルトの穴を調整する様な生活習慣でした。スポーツジムに週末通って、ウオーキングや筋トレに励んでいました。しかし、スポーツジムから帰ってきた後に、缶ビールを飲むのが楽しみで、缶ビール1本を飲むのが楽しみでした。麺類も大好きで、満腹感を味わっていました。

今から考えると、折角、スポーツジムに通っていても、効果が薄かったことが実感できました。

取り組んだことは、ハイキングや登山でした。筋トレもやっていました。そんなにキツイことは耐えられないと感じるかも知れません。確かに短期間でダイエットしようとすると、厳しいでしょう。肝心なことは数年計画で、徐々に落としていくことです。最初は市民の森程度の短時間のウオーキングで良いのです。犬の散歩でも良いのです。その様な所を歩いて、気分転換になること、少しは上の登り降りがある道を増やしていくことです。筋トレと言って重たい物で鍛える必要はありません。ムキムキのキン肉マンの様になることを目指すのではなく、柔らかい筋肉になることが重要なので、軽量でも良いです。歩く際に、500ml程度のペットボトルを両手に持って歩くだけでも、筋トレ効果は出てきます。腕や足には筋肉が付きやすいです。お腹の脂肪は一番早く脂肪がつきやすく、落ちにくいと言われています。筋肉が付いてくれば、起きているだけでも、消費カロリーは増えてきます。やっていることは自分の身体を燃費の悪い車にしていくことと同じです。昔、シンクロナイズドスイミングの小谷実可子選手が現役時代に言っていたことに「寝ているだけでも、カロリーを消費されてしまうので、食べる量を増やしていかないと、直ぐに筋肉がおちてしまう」とテレビでは話されていたことがあります。

こういったことを行なっているだけで、ズボンの腰のサイズが75cmを超えていましたが、今では70cmをきる程度まで落とせました。もちろん、食事にも気をつかう様にはなりましたが、無理な甘い物制限、無理な食事制限をせずに済みました。お陰で若い頃の体形に戻すことができ、腰にかかる負担も軽減できました。身体が軽くなって、フットワークが良くなったことを感じ取れる様になりました。長期計画だったので、リバウンドすることもなく、体形を保っています。ハイキングしたことがきっかけで、歩くことが好きになりました。野鳥や森に棲んでいる動物を見るのが好きになりました。ダイエット効果を実感できたこともあって、登山にも、挑戦したことも何年かありました。今は近くのハイキング程度です。自分がランナーズハイ状態になっていることも実感できる様になります。

運動は嫌だとは言わず、できることから始めると良いです。効果が分かれば、もっと上を目指したいと思える様になります。太っていて、そんなに歩けないという方は、ストレッチを行なうことをお勧めします。ストレッチを行なう習慣をつけることで、血流が良くなるので、ここから始めることが重要です。

トレーナに付いてもらってできれば頑張れるでしょうが、1人で取り組むと、最初から、無理に負荷をかけて短期間での減量を目指したくなるので、結局、挫折してしまいます。

普通のスタッフのいるスポーツジムで良いので、色々と聞いてみることが成功のコツです。http://www.myresourcecloud.net/