夢を追いかけつづける君

私が好きになった彼は、バイト先の先輩でした。引き語りのシンガーをやっていて、駅前やライブハウスなどで活動をしていました。仕事をしている彼は、真面目で後輩の面倒をよく見て、誰に対しても同じように接していて、お客様からのクレームもきちんとできていて、お客様からのファンも多くいました。「いつか、東京に行ってデビューしたいんだ。目標は、武道館なんだ。」と、言っていました。彼の歌声を危機に何度も駅前に行ったり、ライブハウスに行ったり、見ていてとても素敵でした。

そして、いよいよ、彼が東京に進出するときが来ました。私は、寂しくて声もかけられなかったんだけど、彼が最後に、「また、会いに来るから頑張ってね。」と、言ってくれたので彼がいないここで、頑張ることがて来ました。彼が、東京からこっちに遊びに来てくれて何度か遊びました。彼が会いに来てくれることがすごく嬉しかったです。そして、彼から、「今度、東京のライブハウスでやるからみにきてくれないかな?」そう言ってチケットをくれました。私は、それを受け取って、東京に会いに行きました。

初めて東京のライブハウスに行ったのですが、すごい人がいて熱気があって、これが東京かと思いました。彼が歌う番になって歌い始めたら涙が出ました。彼のファンらしき方も何人か見られて、拍手を送ってる方もいました。彼が東京で頑張ってる姿を見て自分の小ささに気がつきました。ライブが終わってホテルに帰ると、彼からメールが入っていて。今日は、見に来てくれてありがとう。明日会いに行くからまっててと、私は、返信のメールをしてその日は眠りにつきました。次の日、彼がホテルに会いにきてご飯を食べながら色々話をしました。

そして最後に、「俺、ずっと好きだったんだ。俺でよければ付き合ってほしい。」と、言われて、「はい。」と、答えました。私たちは、それから、三年付き合いましたが、彼の夢に私がついていけず別れました。彼は、今も、各地でライブをやっていることをちらほら聞きます。

彼が結婚して子供がいることもききました。私が支えてあげられなかった夢を、今の奥さんが支えて暖かい家庭を築き上げてる幸せそうな姿が目に浮かびます。あの頃を思い出すとやはり胸がいたくなります。

彼の夢と自分の気持ちがあの時ぶつからなければ何て思ってももう遅いのですが、彼が幸せであることは間違いないです。いつか武道館でライブをしたときは私も応援にいきたいと思います。頑張れ。早く花が咲きますように。

今度は地元で頑張ります!
→静岡県で医者との出会いが見つかる婚活サービス(http://idahoioof.org/shizuoka_ken/