スイミングは習わせることをお勧めします

私の娘は、運動神経があまり良くありません。娘が幼少のころは、運動神経の悪さに気がつきませんでしたが、小学生になってから運動神経の悪さを確信しました。といいますのも、小学校の体育の授業の参観日で、マット運動がほとんどできないところを見た上に、運動会の短距離走で、ぶっちぎりのビリになるところを見たからです。

セノッピーの3ヶ月の口コミを暴露!小学2年生の息子に効果はあった?

その後、娘は、中学、高校を経て成人していますが、その間も運動神経が特に向上することもなかったようで、娘曰く、今も運動は苦手と言っています。このような運動神経の割に、娘の体育の成績は、5段階評価で3程度はあり、成績だけを見れば、運動神経が悪いとまでは言えないものでした。

その理由は、おそらく小学生になる前から小学校卒業まで習わせていたスイミングのおかげと思われます。具体的には、スイミングを習わせていたおかげで、体育の水泳の授業は成績が良かったようで、また、スイミングによる心肺機能の向上により、長距離は人並みだったため、年間を通じて、ほどほどの成績を修めることができたのではないかと思われます。

このため、私は、小さなお子様をお持ちの親御様に、是非ともスイミングを習わせることをお勧めします。これにより、お子様の運動神経の良し悪しにかかわらず、体育の成績で悩むことは少なくなると思われます。