化粧水でパックを続けたら 夏から秋にかけて肌トラブルに悩んでいる

夏から秋にかけて肌トラブルに悩んでいるという方はいるでしょう。私もその一人です。額や顎の肌が脂ぎって、あぶらとり紙が手放せない日が続くと思っていたら、頬や口周りの肌が乾燥気味になり始めると季節が秋へと移り変わってくるのが分かります。ビハククリアは効果なし?購入して使った口コミ&ネットの評判を紹介!

季節の変わり目は肌状態も不安定で、がさがさしているからと保湿力の高い美容オイルを付け過ぎると顎にニキビが。使用量を少なくして頬に付けて潤っても、手のひらに少し残っているオイルをティッシュで拭かないまま、顎を触ってしまうとしばらくすると痒みを感じる事があり、酷い時は赤いニキビに。

オイルの代わりに何か乾燥対策出来ないかと思って、手持ちのエマルジョンミルクと保湿クリームを多めに付けましたが、肌がべたつき不快で化粧水をたっぷり使う事にしました。普段はコットンを使っていますが、量を多く使いたいので市販のシートパックに手持ちの化粧水を含ませて。

最初は化粧水が勿体無いと思ったけれど乾燥の為には仕方が無いと思い、シートがひたひたになる位、含ませから顔に貼り付け。付けている時間は長すぎると逆に乾燥してしまう説もあって、シートの隅が捲れて来たら剥がすように。パック後はかなりしっとりした肌になってクリームを要らないかもと思う程。化粧水でパックは2日に一度にしています。乾燥には効いています。