野球大国日本の意地を見た試合だった

アジアプロ野球チャンピオンシップが昨日開幕された。日本・韓国・チャイニーズタイペイの3チームの総当り戦で、上位2チームが決勝に行けるというやや寂しい感じもする大会ではあるが、野球大国で知られる日本は実力的にも勝たなきゃいけない大会だし、何よりも日本(東京ドーム)で行われるので負ける訳にはいかない。

優勝はいわば義務に近い大会である。日本の先発は藪田。カープのリーグ優勝を支えた伸び盛りの投手。初戦を飾るには相応しい実力の持ち主。しかし昨日はちょっとピリッとしない内容。先制点を取ってもらったものの、すぐさまあっさりと同点ホームランを許してしまう。

その後も踏ん張りきれず逆転された状態で降板。本来の出来には程遠い内容であった。今の時期は例年ならばオフに突入しているため調整が難しい事は考慮しないといけないが、彼の実力を考えると残念ではあった。試合は1-4とリードされていた日本がライオンズの山川の2ランにて追い上げる。

韓国が1点リードで迎えた9回裏。1アウト取られこれまでか…と思いきや、突如何の前触れもなく急遽韓国の投手が崩れる。東京ドームの独特なアウェー感に飲まれたのか、それとも勝ちを意識しだして硬くなったのか四球を連発。監督がマウンドへ行き激励をするも立ち直る事は出来ず、満塁となったところで投手交代。

しかし交代した選手も流れを止める事は出来ずに四球で押し出し。日本は全く労せず同点に追いつく。押せ押せムードでそのまま逆転サヨナラといきたかったところだが、残念ながら後続が倒れ4-4の同点のまま延長戦へ。一般的にナイターは18時から始めるのだが、昨日は19時開始。そしてただでさえ遅めなのに拮抗した試合展開だったためこの時点で11時近かった。

私はいつも11時前後には就寝するようにしているため、昨日も試合の展開は気になったがそのまま床へ就いた。今朝試合結果を見たら延長戦もすごい展開だったようだ。10回の表に韓国が3点を入れ、普通ならここで終わるはずだが、その裏の攻撃で日本がまさかの4点を入れ劇的な逆転サヨナラ勝ちをしたようだ。

日本が最後の最後でホームの意地を見せた結果となった。土曜日のチャイニーズタイペイ戦も期待したい。

暗いニュースを吹き飛ばす子供たちの笑顔

ニュース番組を見ているとくらい気持ちになるニュースが多いですね。

子供が生まれてから神経が過敏になっているのかニュースを見るたびに暗い気持ちになったり、怖くなったりする事が多くなりました。

子供と2人きりの時間はなるべくテレビや新聞を見ないようにしています。

しかしテレビをずっとつけていないとちょっと寂しい。

そんな時気晴らしに子供と一緒に見た子供向けの番組。

これが意外と新鮮で面白いんです!子供も笑顔で観ています。

内容もちょこちょこ大人を意識した小ネタが入っていたり、子供が喜んだところはどこにその要素があったのかを考えながら見ていると楽しく時間が過ぎていきます。

司会の大人の方の話し方やテンポ等にも学ぶことが多いです。

大人同士だと言って分かって当たり前だと思う事が子供に中々伝わらなくてイライラする時がありますが

子供目線で子供に喜ぶように作られている番組は伝えたいことが分かりやすく流れています。

テレビは悪影響だという声もあるみたいですが、きちんと使えば子供にも大人にも学べるツールになると思います。

もちろんテレビを見る時間を決めることも大事です。

子供一人で見せて放置なんてのは論外です。

コミュニケーションをとりながら一緒に見る事が大切だと思います。

粋なサプライズに思わず涙を流す

先日結婚式を挙げました。そこで私には思わぬサプライズが待ち受けていたのです。それは当日来られなかった友人からの電報と贈り物でした。

なんの知らせも受けておらず受付に飾られている見知らぬぬいぐるみ。最初この式場のスタッフの方が貸してくれたなにかなのかと思っていました。

ところが式の途中スタッフの方に聞いてみたところ来られなかったある友人からの贈り物で式場に届いて飾ってほしいとのことでした。

私はその友人が都合で来られないことを心の底から寂しいと悲しんでいたので思わぬその粋なサプライズに気づけば号泣していました。

平気なふりを当日までしていたけどやっぱりその友人には心の底から来てほしかったのだなと、その時初めてわかりました。

でもその贈り物とそのあと披露宴で聞いた電報で私の胸の中はいっぱいでした。寂しさなんてもうありませんでした。

良き友人をもったのだなぁと、本当に嬉しかったのです。しかも結婚式の話題には欠席の報告以降全然触れてこなかったのに。

こういうことがさらっとできちゃうから私はその人のことが好きなのです。

結婚式で夫や家族に対しての感情も再確認できましたが友人に対しても恵まれているなとありがたみを感じることのできた良い式になったのではなまるでした。

お財布を新調したいけどなかなか買えない…

昔は何も考えずに買っていたお財布ですが、段々と風水情報が広がるようになりました。もちろん、信じる信じないは人それぞれですが、できれば裕福になりたい俗物の私はやっぱり気にしてしまいます。

今のお財布はハワイ旅行帰りの空港で、パパっと買ったヴィクトリアズ シークレットのレア財布。安いけど気に入っていましたが、あっという間に3年以上過ぎてしまったため新調することに。風水的には3年でお財布を変えたほうがいいとのことなので、ここ数年はそれを守っています。

本当はウィンドウショッピングして探したいけれど、妊娠8ヵ月の私は探し回るわけにもいかないので、ネットで目星をつけることに。

まず基本の長財布は確定。次に色ですが、ここで早速つまづきました。黒は今の収入に満足している人向け…私は専業主婦だしなぁ。黄色は入って来るけどその分出ていく…それは困るかも。ゴールドも入ってくるけどギャンブル好きの人には向かない…totoはたまにやるけどどうなんだろう?

結局、人から与えられると言われるピンクか、貯蓄向きの茶色かベージュに決めました。

これで探せると思いきや、本革がいいとか、カード入れは末広がりの8がいいとかいう記事が。見てしまうと気になる…。カード入れ8枚で探し始めましたが、様々なカードが発行されている今の世の中、12枚収納の大容量を売りにしたお財布が大半を占めています。

分かってはいたけど、気にするとキリがない風水。私はちゃんとお財布を買えるのでしょうか…。

父親が、3週間ぶりに家に戻ってきました

私の父親は、3週間前に病院に入院をしました。

急な入院だったので、どうなる事かと思い、不安な日が続きましたが、今日は、一旦外泊という形で家に戻って来ています。

家に戻って来た父親は「やっぱり家が落ち着く」と言ってとても喜んでいました。

母親が作ってくれたご飯を食べて、「美味しい」といって食べていたりして、本人も家に帰って来れてとてもほっとしているみたいです。

まだ、病気が完全に戻った訳ではないので、家に帰って来たからといって完全に安心できる訳ではないのですが、それでも家に居て様子が分かるというのは家族としても安心できます。

まだ、父親の様子を見て行かないといけないので、これから病状が安定するかちょっとドキドキしていますが、家で安静にしてもらって、早く元気になってほしいと思います。

父親が入院している間は母親も心配で、眠れなくなったり、またご飯もあまり食べられなくなったりしていたので、これで母親も元気になってくれるといいなと思います。

私も、両親ともに健康で長生きしてもらえるように、親孝行をしていかないといけないなと思いました。

健康の大切さというのも、今回の父親の入院で感じたので、自分の健康にも気をつけて行きたいと思います。

寒い冬のお供にトマト鍋、おすすめです

最近、寒くなってきたので鍋を食べる機会が多くなってきました。鍋料理には色々なものがありますが、その中でも私が最近特にハマっているのはトマト鍋です。トマト鍋は文字通りトマトのスープをベースにした鍋なのですが、トマトの程よい酸味が具材を引き立ててくれるのでとても美味しいですよ。

https://www.ted.com/profiles/14232789/about

トマト鍋に合うオススメの具材は、キャベツ、玉ねぎ、鶏肉、ソーセージなどです。洋風のスープに入れるような具材なら、大抵合うかと思います。粉チーズやスライスチーズを入れて、チーズのとろとろ食感を加えるのも美味しい食べ方です。鍋のシメですが、トマト鍋の場合はパスタを茹でてトマトスパゲティにしたり、ご飯を入れてトマトリゾットにするのがおすすめです。和風の鍋とはまた違った食べ方ができて面白いですよ。

私は苦手な野菜がいくつかあるのですが、トマト鍋だとキャベツやブロッコリーといった普段は避けている苦手な野菜でも美味しく食べることができています。トマト鍋は野菜を美味しく食べられる料理なので、野菜嫌いのお子さんがいる方にもおすすめしたいです。作るのが面倒そうと感じる方もいるかもしれませんが、スーパーで手に入るトマト鍋の素を使えば簡単に作ることができますよ。寒い冬のお供に温かいトマト鍋、ぜひ味わってみてください。

都会にも近くて便利なまち。

兵庫県尼崎市は阪急電鉄、阪神電鉄、JRと交通の便が非常に便利な地域として人気があります。

兵庫県のキュラーズのトランクルーム情報

阪急園田駅周辺は、飲食店やファーストフード店、パン屋さんにスーパーコンビニエンスストア、本屋さんなど

バラエティに富んだお店が豊富に集積しているので、尼崎市の中でも非常に人気のエリアとなっています。

学校や病院も駅から徒歩10分圏内にありますし、駅前には昔懐かしい商店街が今もなお残っており、地域住民から変わらず愛されています。

小さい子供づれの方でも気軽に入れるキッズルーム付きの居酒屋さんも駅前にあるので、週末は昼夜問わず街に活気があふれています。

ほかにもJR尼崎駅付近では近年都市開発が行われ、新しく商業施設が建設されたり、大学の校舎が新設されたりと街全体が新しく生まれ変わっています。

商業施設はJR尼崎駅から濡れずにいけるような構造になっているので大変便利ですよ。

施設内はショッピングスポットや飲食店だけでなく、映画館やスーパーに阪神百貨店も入っているので、老若男女問わず幅広い年齢層の方が利用されています。

また梅田まで電車で約10分、神戸までは30分で行けるので、都心に近い場所にいながら暮らしやすい住環境が整っているので大変人気な街です。

おでんを食べたり勉強をしました

晩ごはんを食べました。今回は、おでんを食べました。おでんは、すごく久しぶりに食べました。たまごとこんにゃくとちくわとお肉などを食べました。白ごはんも一緒に食べました。しかし、白ごはんは途中でお腹いっぱいになってしまいました。それでも、頑張って食べました。しかし、お腹の調子があまりよくありませんでした。違和感がありました。

そして、しばらくしてからパンを食べていいよと言っていたので、パンを食べました。さすがに全部は食べられないので、1口だけ食べることにしました。ストロベリーのジャムとマーガリンをサンドしたパンを食べました。こういうパンを食べたのは、すごく久しぶりでした。そして、24時間テレビを見ていました。よさこいを大勢で披露していました。耳が聞こえなかったり、目が見えない人たちがあそこまでやれるのは、かなりの練習をならないといけないので、なかなか難しいとは思いますが、ちゃんとできていました。

そして、勉強をしました。B細胞は抗原の情報を記憶しておくため、同じ抗原に出会うとただちに増殖し、多量の抗体をつくります。このためヒトははしかに一度かかると二度かからないか、かかっても軽く済みます。これを免疫記憶といい、このしくみを利用したものが予防接種です。予防接種には、はたらきを弱めた病原体や毒素を無毒化したものが用いられています。このようなものをワクチンといいます。また、抗体を使わずにある種のT細胞が抗原を直接攻撃して排除するしくみもあり、これを細胞性免疫といいます。

臓器や皮膚などの移植における拒絶反応などはこの例です。しかし、現在では拒絶反応を少なくする方法が開発され、抗原とみなされる移植された臓器や皮膚も拒絶されず、移植の成功率が高くなっています。また、臓器提供意思表示カードなどで臓器の確保も行っています。骨髄バンクなどを設立して、骨髄の提供者(ドナー)の確保を行っています。勉強になりました。

お見合いしてきたよ。

お見合いの日程も決まって、ルンルンな私です。

そうだ!お見合いあるし、美容院行こーっということで行ってきました!美容院。

行ったところの美容師さんがさ、まぁしゃべるしゃべるワケですよ。

私、これからお見合いで頑張って話さなあかんのに話しかけんといて!と思いつつ、とりあえず相づち。

何も話なかったけど、私の最近の出来事。

動物園に行った話したらさ、「お子さんとですかー?」って言われました。

まぁ、アラサーの女だと、子供いるように見えますよね?笑

いえ、私は未だ独身です!って言うたったら良かった 笑

もうさ、4度目にもなると、全くお見合いも緊張しなくなってきてしまう。

あのピュアな気持ちは何処へ?

写真を選んで、ご本人登場感が何かおもしろいのですよ。

わたしが好きなアーティストのラジオをその人も聞いてたことがわかって、テンション上がった。でもさ、わたしがそのアーティストのこと語ろうとしたら、興味なさそうやった!なんなの?笑

30分間頑張ってしゃべって、「駅まで送りますー」言われて、帰らされる? と思いつつ 笑

「この後予定あるんですかー?」言われたけど、「ないですよー?」言うたらスルーやったあれは何やったんやろう。

駅で別れて、帰り道スーパー寄っておやつ買って帰ってひとりで休憩しました。

これが土曜日の話。

わたしは交際希望のメールしたのに、お相手の方はまだ返事してないみたいです。

もう3日経ちますけど!

まじマイペースやん!

もーすぐゴールデンウィーク!

もぉーいくつ寝ると~♪ゴールデンウィークぢゃないですか!しかも、今年のゴールデンウィークは10連休!皆さまはどのように過ごされますか?我が家はですね、遠出できません!病院に通うことになるでしょう!っというのも、かぁーちゃん(私)出産します!令和のお子を出産します!子供たちには申し訳ない気持ちでいっぱいですが、かぁーちゃん頑張りますよ!今は、せっせと入院したときに家を不在にするのでひたすらキッチンでおかずの作り置きアーンド、米を焚いては冷凍しております。熱い。

キッチンは灼熱か!ってくらい熱くて、臨月のかぁーちゃんはこんなに動いていいの?ってくらい働いています。本当はゆっくりしたいよね。けどさ、既に2児のお子がいるかぁーちゃん。ゆっくりできないのですよ。トホホ。入院準備?それは準備万端ですよー!いつでも出れるように1つの鞄にまとめています。新生児の準備?あぁ、それはなんとなく。なんとなくですが、できてる感じ。たぶん(笑)3人目ともなると、出てきてから足りないものを買いにいこう~っと余裕ぶっこいています。これを書いてる今も、お腹がはったりしてて、そろそろだな~っと実感です。皆さんの充実したゴールデンウィークをうらやましく思う今日このごろです。かぁーちゃん頑張るぞー!

今日久しぶりに恫喝的な面接

現在は結構恫喝じみた面接というのは、あまり聞かれなくなりましたし、確かに面接後連絡がないなどのおかしな企業はあるものの、面接中に相手の全く関係のない欠点とか、家族構成などの話しを中傷するような事など、現在ではあまり見られなくなったと思いましたが、未だにそれをやっている企業に久々に出会いました。考え方がもっともおかしいのは、交通費を支弁しているのはこちらな訳です。時間を割いているのもこちらと同様です。そう考えてた時、お互いの不利益云々は支弁している申し込みをした側なんです。上から目線で言われるのもどうかと思いますが、少なくとも相手の家族がどうである事に対する中傷とか、全く当人とは関係はないし、それは面接官の勝手な価値観によるものもある訳です。違法な事でもなければそうしているという事だけで、なんでそれがおかしな素行なのか?というのも解りませんでした。

求人を出している内容も、出した側がよくよく聞いてみると理解していないようで、これは面接にならないと切り上げて帰ってきました。

書かれている内容が違うというのはよくある事ですが、それについて激高したりギャグ切れ状態でこういう時って意味が解らないのでどうしていいか解らなくなります。

自分で書いた事とか、言っている事には責任を持たないのに、相手のあらさがしばかりしているのが彼らの優越感なのか?実に稚拙な人だと私は思いました。

今の旦那さんは女遊び人だった。

私の旦那は元々遊び人でした。

それに気づかず引っかかってしまった私ですが、昔を思い出し書いてみようと思います。

私達が出会ったのはキャバクラで私が働いており旦那は出張で私の居る県に来てきました。

旦那が飲みに来たのがきっかけでお互い一目惚れでした。私は当時彼氏が居てすぐに別れたのですが、なんと旦那は、他にも女が2人も居たのです。

1人目は一緒にいる時にやたらケータイが鳴るなと思って旦那が寝ていたのでケータイを見たら女から「寂しいよー」的なメールが来て居ては?と思ってメール返したら彼女だけど的なえ?私もですけど笑

ま、旦那起こしますよね。電話で揉めてました。私はショックでよく分かって居ませんでした。

どうやら別れられなかったらしいです。

1週間後なんと妊娠したと連絡が来て、またまたえ?ってなり知らない顔していたら2.3日後に流産したと言ってきた。

嘘ついて引き止めよう作戦だったみたいですが、相手も別れを決意してくれたようで私は生き残れました。

それから1年後ぐらいに旦那の名前をググってみたらある女のブログを見つけて見て行ったら私と付き合ってる時と付き合ってる時期が被ってるぢゃないですか。

責めまくりましたよ。3股してたのかと。だが最終的に私を選んで女遊びもたまにありましたが今では大人しくなりました。

男を変えられるのは女次第はあらがちあってると思います。※バツイチ子持ち男性の再婚ナビ(http://noveinicijative.org/

ちかごろ気になるできごと

ある勉強会でお知り合いになった30代の女性が、楽しそうなイベントを企画されました。私の興味にぴったりだったので、申し込んだところ、年齢制限がありますので、参加はご遠慮ください、と言われてショックを受けました。

そのイベントは古典のお勉強系なので、体力が心配とかそういうものではありません。なのになんで年齢制限があるのか訳がわかりませんでした。どうしてかお尋ねすると、その主催者は、同世代のお友だちをつくるために開催するので、と言われました。

それを聞いてなんだか納得できない気持ちになりました。だって、古典を好きな人ってさまざまな年齢の方がいますよね。なにも「同世代の古典好きなともだち」に限定する必要はないと思うのです。

よくよく考えると、彼女はたんに「同世代の友達がほしい」だけで、古典をほんとうに好きなわけではないのかと気がつきました。ちょっと悲しかったです。

その点、別のところでお知り合いになった20代から30代の方はぜんぜん違ってました。自分の好きなことについては、年代のまったく違う私とも分け隔てなく語ってくださいますし、仲間にいれて下さいます。

その違いはなんだろうなあ、と考えていて、ちょっと気がついたのは、知的レベルの高さです。年齢で差別しない人たちは、本質が見えているんじゃないかな、と思いました。

自戒をこめて、ものの本質をちゃんとつかめる人になりたいと心から思いました。